• splitter-bw(ベタ漉き)ホワイト

幅広い厚み・幅に対応するコンパクト革漉き機(ベタ漉き白)

本体のみ ¥25,800(税込)
替刃同梱(同梱割引適用) ¥35,600(税込) ¥32,800(税込)
替刃単品 ¥9,800(税込)

【仕 様】サイズ:24cm/10.5cm/21cm 刃幅:約19.5cm
【付属品】革漉き機本体、専用刃
【カラー】※写真は黒ですが、現在の在庫は白となっております。ご注意下さい。
【納 期】即納

個人で手軽に使えるコンパクトな革漉き機です。

通常、個人で行うレザークラフトといえば、1mmや2mmなど任意の厚みの革を入手し、用途に合わせて使い分けるという方法が一般的と思います。

しかし、これでは作成するモノの部位「本当は0.8mmを使いたいのになぁ」といった場合や「1.5mm厚が欲しいのになぁ」という場合などでも、その近似値である1mm、2mmの革を使わざるを得ません。

その結果作品が分厚くなりすぎて実用性に欠けるというのは良く聞く話です。
例えば財布などは典型的です。表の革2mm、カードケース2mmとすべて同じ革で作成するのと、表の革2mm、カードケース0.8mmとするのでは仕上がりに大きな差となって表れます。

とはいえ、革を1枚漉くのに数百円。近隣になければ往復の送料までかかってしまう。そのような状況では革漉き屋に出すのは現実的な選択肢ではありません。

そこで検討するのがこの手軽に手動で使えるコンパクト革漉き機です。
電動でテーブルが一体化した漉き機は確かに漉き上りが安定して便利ですが、一部屋潰す覚悟と導入・メンテナンスのコストもバカになりません。
もちろん故障した際の修理にも難儀します。

その一方、このコンパクト革漉き機は非常に簡単な構造で構成され故障しづらい点もメリットです。刃を定期的に研ぎさえすれば長期間に渡って使えます。
万一刃が破損した際も替刃を用意しておりますので、ご安心下さい。

現実的な選択肢として、個人で所有できるのが本商品。好きなタイミングで適時革を漉ける便利さは計り知れません。

このコンパクト革漉き機が持つ20cmの刃は、一般に販売されているコンパクトな漉き機と比較して幅広の材料に柔軟に対応可能です。

また、コンパクトとはいっても、場所は取りませんが、金属の塊でありしっかりした作りで、刃幅もおよそ20cm程度の大型のものを採用しています。

その特徴を活かして、主にベルト等の漉きや、ウォレットのカードケース部分など、部位によって細かく厚みを変える必要がある部分に力を発揮します。

上で例に上げた特にウォレットのカードケースの部分などは、複数の枚数の革を重ねるため分厚くもったりした仕上がりになりがちですが、漉き機できめ細かな厚みにすることにより、よりすっきりした仕上がりが実現します。

日々のレザークラフトライフを向上させるため、お財布は少し痛みますが、導入して損の無い道具です。是非ご検討下さい。

※刃を伴う製品のため、研ぎ等のメンテナンスを要します。

※刃の革が通る幅は14cm程度です。そこに通る範囲での漉きが可能です。厚みは1cm弱まで通ります。

※クロム鞣しのようなソフト・大きいサイズの皮革などは漉きにくく、ヌメ革のような皮革・小さいサイズが漉きやすいという傾向がございます。

※海外の工業製品のため、塗装ムラ等がある場合もございますが、使用上は問題ありません。